オンラインカジノ 出金条件

出金条件とは?

 

一言でいうと「貰ったボーナスを現金として引き出すためのハードル」です。

 

登録したり入金した時に貰える事が多いボーナスは、そのままだと現金として引き出す事が出来ません。

ボーナスは色んなゲームで遊ぶためのお金ですから、「〇ドル分遊んだ上でお金が残ってれば現金化しても良いよ」というのが出金条件です。

 

計算方法は?

 

一般的には「ボーナス額×〇倍÷カウント割合」と決まっています。

つまり、ボーナスの大きさに応じて現金化のハードルも高くなっていきます。

 

ちなみに日本で人気の「ベラジョン」では、「ボーナス額×20倍÷カウント割合」となっています。

つまり、100ドル分のボーナスなら、「100ドル×20倍=2,000ドル」分のベットをしないといけません。

 

これはもちろん「トータルのベット額」ですから、10ドルのベットを計200回しても条件クリアとなります。

 

カウント割合とは?

 

次は、カウント割合についてまとめています。

カウント割合は、ゲームごとに出金条件のハードルを変えるためにあります。

 

何故かというと、ゲームごとに「プレイヤーの勝ちやすさ」が違うからです。

プレイヤーが勝ちやすいゲーム(ライブバカラなど)
→達成までのハードルを厳しくする

プレイヤーが勝ちにくいゲーム(スロットなど)
→達成までのハードルは低くする

このように、ゲームごとに難易度を調整するのが「カウント割合」というものです。

 

ベラジョンを例にすると、カウント割合は

スロット:100%
ライブカジノ:10%

このように決まっています。

 

つまり、

<スロットの場合>

⇒ベットした額の100%がカウントされる
⇒必要なベット額は、100ドル×20倍で2,000ドル

<ライブカジノの場合>

⇒ベットした額の10%しかカウントされない
⇒必要なベット額は、スロットのさらに10倍で20,000ドル

という事です。

 

なので、正確には「ボーナス額×〇倍÷カウント割合」が正しい計算方法です。

カウント割合が100%なら「÷1」10%なら「÷0.1」です。

 

 

なので、「ボーナス額×〇倍÷カウント割合」という計算方法を覚えておきましょう。

ベラジョンカジノの出金条件・カウント割合については、詳しく<こちらの記事>を参照してください。

 

合わせて知っておきたいポイント

 

現金とボーナスは別々に管理される

 

「入金した現金と貰ったボーナスとは別々に管理されている」ケースがほとんどです。

そして、ゲームをする時はまず現金の財布から優先してお金が減っていきます。

 

「現金100ドル」「ボーナス100ドル」

↓ゲームで10ドル分使う

「現金90ドル」「ボーナス100ドル」

 

こんな感じです。

現金がすべて無くなってから、ボーナスが使用される事を覚えておきましょう。

 

ボーナス使用分だけがカウントされる

 

さらに大事なのは、カウントはボーナスの財布から使用した分だけで計算されます。

つまり、現金でどれだけプレイしていても一切関係なく、「現金が無くなってボーナスを使い始めてからどれだけベットしたか」が大事という事です。

 

出金条件はあくまでボーナスを現金として出金するための条件ですから、ボーナスでどれだけ遊んだかがポイントになるという事です。

これを知らないと「あんなにプレイしたのに何で現金として引き出せないんだ?」と困惑される方も多いので、注意してください。

 

今回まとめたベラジョンカジノはこちら。

↓↓↓↓


スマホ・日本語に対応!出金条件が低いから使いやすい!

 

まとめ

 

・出金条件は、ボーナスを現金として引き出すためのハードル
「ボーナス額×〇倍÷カウント割合」で計算出来る
・ゲームごとに決まっているカウント割合でハードルが変わる
現金が無くなってからボーナスでどれだけプレイしたかが重要になる

こんなところです。

 

ベラジョンカジノの出金条件について詳しく知りたいならこちら。

ベラジョンカジノ 出金条件

コメントは受け付けていません。