ベラジョンカジノの通信量を計測!スロットとライブカジノの通信量は?

(この記事は2019/10/20に更新しています。)

ベラジョンはスマホで遊ぶことも出来ますが、

「Wi-Fiがないところで遊んでも通信量って大丈夫?」
「特にライブカジノって結構使いそう…」

と不安に感じている方もいらっしゃると思います。

 

そこで今回は

「スロットとライブカジノは、10分間でどれぐらい通信量を使うのか」

ということを調べてみました。

あまりにも通信量が多いようなら、気軽に外で遊べませんからね。

 

ベラジョンのデータ通信量は少ない

 

結論だけ先に書いておくと、あまり通信量を使用しません

スロットなんかは、ほとんど気にしなくて良いレベルです。

映像を見ながら遊ぶライブカジノでも、Youtubeより通信量が少ないことが分かりました。

 

なので外出中にモバイルデータ通信で何時間もプレイするという方以外は、あまり通信量を気にしなくても良さそうです。

では、順番にどれぐらい消費するのかを調べていきましょう。

 

データ通信量 ライブカジノ

 

まずは、ライブルーレットをプレイして通信量を調べてみました。

スマホで10分間遊ぶと、30MBほど使用した事が分かりました。

※通信量の計測には「通信量モニター」というアプリを使用しています。

 

【スタート】

 

【10分後】

※このときのライブカジノは画質設定を「中」としています。

 

実際には11分経っちゃいましたが、それで30.0MBとなりました。

もちろん実験中は、Chromeでライブカジノしかプレイしていません。

 

ちなみに、Youtubeで10分間動画を流したときの通信量はこんな感じです。

360p(低画質):50MB
480p(中画質):100MB
720p(高画質):180MB
1080p(最高画質):340MB

 

ライブカジノは10分間で30MB程度ですから、

低画質のYoutube > ライブカジノ

ということが分かりました。

 

データ通信量 スロット

 

次は、スロットをプレイして通信量を調べてみました。

こちらはスマホで10分間遊んでも、たった5MBほどしか使用しません。

ちなみにプレイしたのは定番の「STARBURST」です。

 

【スタート】

 

【10分後】

 

10分で5MB以下ですから、ほとんど気にしなくても良いです。

Yahoo!JAPANのトップページを10回開いたときと同じぐらいなので、普通に調べ物をするときと変わらないですね。

 

ベラジョンカジノ 通信量のまとめ

 

結局、スマホで10分間プレイしたときは、

ライブカジノ:30MB程度
スロット:5MB程度

これぐらい消費する事が分かりました。

 

映像を見ながら楽しめるライブカジノはもう少し消費するかなって思いましたが、大したことはなかったですね。

少なくても、Youtube(低画質)よりは少ないです。

スロットに関してはがっつり遊んでも問題ないぐらい少なかったです。

 

もし電波が途切れても、スロットなら途中から始められるしライブカジノでも勝ったお金はそのまま記録されています。

なので、外出中でも気にせず遊べますよ。

 

「通信量が気になるからちょっと…」

という理由でプレイしていなかった方は、これを機に一度遊んでみても良いんじゃないでしょうか。

公式サイトはこちら。
↓↓↓↓

日本人プレイヤーに人気の定番オンラインカジノ

 

日本語で会員登録するだけで30ドルのボーナスが貰えますから、しばらくはタダで遊べますよ。

自分に合わないようなら入金しなければ良いだけなので、気軽にプレイできます。

 

コメントは受け付けていません。